• コラム
  • 小池百合子氏 人生100年時代、学び直しができる方策を打っていく

小池百合子氏 人生100年時代、学び直しができる方策を打っていく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

10月10日公示、22日投票の衆議院選挙に向けて、事実上の選挙戦に入ります。
衆議院選挙は、安倍首相が「アベノミクス解散」のかけ声のもとに実行した2014年12月14日以来、約3年ぶりに行われます。
そうしたなか、今、日本中が注目する「希望の党」を率いる東京都の小池百合子知事が9月28日に、日本記者クラブで開いた記者会見を取材しました。

冒頭、小池知事は
「知事就任一年ということで、8月に都政についてお話をさせて頂くつもりでしたけれど、当時、議会で臨時会(国会でいう臨時国会)があり、その関係で日にちをズラしましたら、なんと、飛んで火にいる何とかになりまして、今日この日に取材していただく形となりました。
私が代表を務める希望の党を設立したばかりでございますので、若干そのことについてもお話をさせていただければと思っています」

と、まずは世間の関心に触れました。

続けて
「今、日本を、そして東京をリセットしていかなければ、世界のこの激動、潮流のなかで日本はおいてきぼりになるのではないか、都市間競争において東京は遅れてしまうのではないか、そういった危機感が私をいつも募らせて、背中を押され、様々な活動へと繋がっています。
今ある危機感をただ嘆いている、そして憂えているだけではなくて、アクションを取ろうというのが私のいつもの形、やり方でございます。
ということで、そのたびにアクションを取って参りました。
今回は国政のアクションです。最大の理由は何かといいますと、何よりも安倍総理が突然、解散総選挙をなさるということになり、そこから具体的なアクションを取ることになりました。
日本経済を見てみますと、私がキャスターをしておりました1992年、93年は、ちょうどバブルの宴が終わった頃で、時価総額の1位はNTT、そして5位以下は日本の銀行がズラリと並んでいるランキングでした。
最近はどうかと言いますと、IT系かつグローバル系です。
では、今後どれぐらいの日本企業が世界を引っ張るグローバルな企業として登場するのかということについては、このままでは厳しいというのが私の懸念するところです」

と、日本が抱えるテーマについて指摘しました。

さらにその他のテーマについては『人生100年時代の生き方』についても述べています。
「やはり、高齢者対策は重要です。
私は『LIFE SHIFT ライフシフト 100年時代の人生戦略』(東洋経済新報社刊)を読みましたが、2007年に生まれた日本人が107歳まで50%の確率で生きるという試算が出ています。
つまり、人生100年時代の超高齢化社会を日本は迎えます。
人生100年時代においては、働き方にしても、それから学び方にしても当然変えていかなければならない。
そのために、例えばもう一度学び直しが確実にできるような方策を打っていきたいと考えています。
東京都では首都大学東京も持っていますので、工夫をして、人生100年時代に対応していければと思っています」

と、力強いメッセージを発信しました。

(取材・文 鈴木ともみ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
鈴木ともみプロフィール

経済キャスター/ファィナンシャル・プランナー/日本記者クラブ会員記者。

中央大学経済学部国際経済学科卒業後、ラジオNIKKEIに入社し、経済番組の記者・ディレクター(日本民間放送連盟賞受賞番組)、キャスターを務める。
その後、経済キャスターとして独立。
各国大統領を始めとする国内外の政治家、VIP、企業経営者、エコノミスト、マーケット関係者、ハリウッドスターを始め映画俳優、監督などへの取材は3000人を超える。
現在、テレビ、ラジオへの出演、雑誌、ニュースサイトでの連載執筆の他、経済シンポジウムやセミナー、大学や日本FP協会認定講座にてゲストスピーカー・講師を務める。
主な著書『デフレ脳からインフレ脳へ』(集英社刊 1728円) 『これからの経済』をテーマにした講演多数。
2014年、一ツ橋綜合財団主催『文化講演会』作家(経済部門)講演者(過去には浅田次郎氏、北方謙三氏)に選出される。