• 第2回 小島貴子の人生100年時代の生き方・楽しみ方

第2回 小島貴子の人生100年時代の生き方・楽しみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

40歳から始める「高齢化レッスン」

現時点で40歳の人は、女性で87歳、男性で82歳が平均寿命と言われています。
医学の発展も凄いので、もっと長生きするでしょう。

精神分析のユングは40歳を「人生の午後」と言いました。
人生80年を24時間の一日に擬えて考えてみましょう。
午前0時におギャーと産声を上げて、午前6時が20歳です。
午前9時が30歳。そして正午が40歳。
「不惑」とも「ミドルライフ・クライシス」「中年の危機」という人生の過渡期。
自分の人生を一度立ち止まり「このまま、進むのか?いや、違うかも?」と色々な事を考えて悩む歳。
それが40歳です。
「わぁ~人生の半分が過ぎちゃったの?」
「まだまだ、これから40年以上ある!」

貴方は、どちらですか?
ネガティブな気持ちでハラハラするか?
ポジティブな気持ちでワクワクするか?

根拠なくワクワクは、出来ません。

ただ、ネガティブな情報からだけで考えると人生の後半戦は、正直暗くなります。

では、状況的に暗い未来をどうやったら、明るい気持ちになれるか?

それは、「老後」「高齢者」「余生」という今までの価値観で未来を捉えない事です。

世界でまだどの国も迎えていない100時代を迎える日本を生きているのですから、過去に捉われずに考えましょうよ。

まず、自分がこれから心身ともに健康であるための生活が未来を作るという事。
そして、強い繋がり(家族・友人・今の仕事関連等)だけでなく、弱い繋がりを意識的に作っていく事を40歳から強烈に意識と行動へ移していきましょう。

さぁ~それがどうなるのか?3回目で具体的な事例をお話しします。

(文 小島貴子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
小島貴子プロフィール

東洋大学理工学部生体医工学科准教授。
埼玉県人事委員会 委員
元 埼玉県雇用・人材育成推進統括参与。
三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)勤務。
出産退職後、7年間の専業主婦を経て、 91年に埼玉県庁に職業訓練指導員として入庁。
キャリアカウンセリングを学び、職業訓練生の就職支援を行い、7年連続で就職率 100%を達成する。

多数の企業で採用・人材育成コンサルタント及びプログラム作成と講師を務める。
「就職迷子の若者たち」集英社新書・「がんばる中高年実践就職塾」メディアファクトリーなど多数の著書も執筆。