• 第4回 小島貴子の人生100年時代の生き方・楽しみ方

第4回 小島貴子の人生100年時代の生き方・楽しみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

50歳からの友達

人生100年時代となりました。
さて、今年も多くの方は年賀状のやり取りをされたと思います。
一般的に「知人・友人」という互いの連絡において、頻繁疎遠を関係なく「知っている」と言い合える人の数は、1000人から1500人と考える事が出来ます。

小学校から高校までが1クラス40名として12年間(毎年クラス変えがあるとして)480人。それに先生などが入り、500名。
大学・職場・親戚・近隣・趣味・配偶者の関係が入って500名。

歳を重ねるほど、出会いは狭く少なくなると言われていましたが、インターネットの普及でSNSというツールが身近になった事で、この出会いの数は相当に増えてきました。

私自身も6年ぐらい前から始めたFacebook。
最初は何を発信していいものか?戸惑いながらも、色々な人の考えや行動が伝わってきて、中々面白いなと感じながら続けています。

そのFacebook で繋がりが広がって出来た50歳を過ぎての友人というのは、出身地も、学校も仕事も違う、今まで自分の生きてきた世界とは全く違っている人なのです。
それは、共通性がピンポイントであり、結構深い「趣味・特技」の領域に近い人です。
例えば、音楽が共通項だったり、好きな作家さんのグループで繋がったりするので、それ以外には、最初のうちは、見事に全く接点がありません。

そんな共通点だけの繋がりで知り合った人からどんどん人の繋がりが広がり、今では、旅行まで行く仲になっています。

旅行まで?と7年前の私ならば驚くような事ですが。
出会ってみると、それぞれが大人の距離感があり、価値観が違えば、それなりに距離を置き自然と疎遠になり、最終的には、気心の置けない人と繋がるという事だと知りました。

次回は、そこで出会った60歳から夢を叶えた素敵な方をご紹介したいと思います。

(文 小島 貴子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
小島貴子プロフィール

東洋大学理工学部生体医工学科准教授。
埼玉県人事委員会 委員
元 埼玉県雇用・人材育成推進統括参与。
三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)勤務。
出産退職後、7年間の専業主婦を経て、 91年に埼玉県庁に職業訓練指導員として入庁。
キャリアカウンセリングを学び、職業訓練生の就職支援を行い、7年連続で就職率 100%を達成する。

多数の企業で採用・人材育成コンサルタント及びプログラム作成と講師を務める。
「就職迷子の若者たち」集英社新書・「がんばる中高年実践就職塾」メディアファクトリーなど多数の著書も執筆。